不動産鑑定事業Real Estate Appraisal Services

常にマーケットの
動きを捉え、お客様のニーズにお応えする
精度の高い鑑定評価を目指します。

東京建物の不動産鑑定部門とは

明治30年代に不動産鑑定業を開始し、昭和38年(1963年)の「不動産鑑定評価制度」の創設以来、社団法人日本不動産鑑定協会(現 公益社団法人 日本不動産鑑定士協会連合会)の設立に発起人として参加するなど、不動産鑑定業界における草分け的な役割を果たしてまいりました。
これまでの鑑定評価実績は30,000件を突破し、官公庁、大手民間企業より厚い信頼と高い評価を頂いております。

東京建物の不動産鑑定部門の強み

精度の高さ 豊富なバリエーション 経験と実績

デベロッパーの豊富なデータベース・ノウハウが可能にする精度の高さ

  • 東京建物グループの事業収支・販売分析に基づくタイムリーなマーケットリサーチ
  • 高度なノウハウの蓄積
  • 豊富なデータベース
  • 金融・建築分野にも精通したプロフェッショナルなスタッフ
  • トータルサポート
    • アドバイザリーとして弁護士、公認会計士等、多数の専門家と連携

長い歴史に裏づけされた経験と実績

  • 100年以上にもわたり不動産鑑定業を営んできた経験
  • 大規模施設や特殊不動産を含む高難度アセットにも豊富な実績
    • ショッピングセンター、ゴルフ場、ホテル、パチンコ店、結婚式場、墓地、工場財団等
  • 特殊案件・権利の評価等にも柔軟に対応
    • 賃料評価、区分地上権・借地権・底地等の評価、共同ビルの権利調整、容積率の転移等

豊富な鑑定のバリエーション

  • お客様の様々なニーズに対応
    • 不動産鑑定評価書の他、各種コンサルティングや調査レポート等を提供、公認会計士等、多数の専門家と連携

不動産鑑定の流れ

お問い合わせ→お申込み→評価に必要な資料のご提示→実査調査→鑑定評価書の作成・ご提出

1. お問い合わせ

お電話でお問い合わせください。

2. お申込み

お客様の依頼目的、条件、鑑定評価書の提出期限・発行部数、評価対象等を決めていただきます。鑑定評価報酬をお見積りいたします。

3. 評価に必要な資料のご提示

次のような資料を必要に応じて、ご提示していただきます。

  • 公図写、竣工図
  • 登記簿謄本、固定資産評価証明書、納税通知書
  • その他契約関係書類等

4. 実査調査

不動産鑑定士が、現地に赴き、評価対象を綿密に調査いたします。この調査に並行して資料を収集、検討し、適正な鑑定評価額を決定いたします。

実査調査情報資料の検討・分析 → 鑑定評価方式の適用 → 価格の決定

5. 鑑定評価書の作成・ご提出

対象不動産の詳細、鑑定評価額及びその決定理由等を盛り込んだ鑑定評価書を作成いたします。
不動産鑑定士が鑑定評価書の内容をご報告、ご説明いたします。

  • お申込みから鑑定評価書の作成まで約3~4週間(応相談)頂いております。

お問い合わせ

東京建物株式会社 市場調査部 鑑定室
お電話:03-3274-0125
個人情報の取り扱いについて