待機児童増加への対応Responding to the Increase of Children on Waiting Lists

方針・考え方

近年、都市部では人口の集中や共働き世帯の増加により、保育施設が不足し、待機児童問題が深刻化しています。保育施設の不足により、保育所へ入所ができず、職場復帰が遅れる等の社会問題も発生しています。
東京建物グループでは、保育事業を展開し、子育て世帯および未来を担う子どもたちのために、保育環境の整備に取り組んでいます。

指標と実績

指標 2017 2018 合計
保育所の収容可能人数(定員ベース、新規整備分) 50名 259名 309名
保育所の新規開設数 3園 5園 8園

「おはよう保育園」の展開

2017年4月、東京建物キッズは東京建物グループ初の保育園として、東京都江東区に「おはよう保育園 亀戸」を、神奈川県横浜市に「おはよう保育園 横浜根岸」「おはよう保育園三ツ沢下町」を開園しました。2018年4月には新たに5園を開園しました。

「豊かに生きる力を育てる」という保育理念のもと、子どもたちが自ら考え、主体的に物事に取り組む環境を整備してまいります。

おはよう保育園

安全を第一に考えた設備や仕様で子ども達が快適に過ごせる園舎

東京建物キッズが運営する「おはよう保育園」

東京都 横浜市
  • 「おはよう保育園 亀戸」東京都認証保育所
  • 「おはよう保育園 南砂町」東京都認可保育所
  • 「おはよう保育園 大森町」東京都認可保育所
  • 「おはよう保育園 椎名町」東京都認可保育所
  • 「おはよう保育園 西巣鴨」東京都認可保育所
  • 「おはよう保育園 横浜根岸」横浜市小規模保育所
  • 「おはよう保育園 三ツ沢下町」企業主導型保育所
  • 「おはよう保育園 花咲町」横浜市認可保育所