地域との共生Coexistence of Community

方針・考え方

東京建物グループでは、さまざまなコミュニティ活動を通じた地域の価値向上は、地域の発展のみならず、自社の事業の持続的な発展にもつながると考えています。
そのため、不動産を保有・管理している八重洲・日本橋・京橋等の地域において、街の清掃活動や地域活性化のためのイベント運営等、さまざまなコミュニティ活動を行い、地域の価値向上に取り組んでいます。

クリーン活動の実施

東京建物グループでは、東京建物本社ビルの位置する八重洲・日本橋・京橋地域をはじめとする複数の地域において、街の美化のため、業務開始前の時間等を活用し、清掃活動を定期的に行っています。その活動が評価され、日本橋清掃事業協力会から感謝状をいただきました。

また、日本橋「橋洗い」イベントには2013年から連続して参加しています。また、中央通りの歩道上の花壇の管理を行っているNPO法人はな街道の活動に、多くの社員が定期的に参加するとともに、東京建物は事務局の一員として参加・支援しています。

今後も地域コミュニティの一員として、街の美化に貢献したいと考えています。

朝の清掃活動

日本三大祭り「山王祭」への参加

東京建物グループは、東京建物本社所在地域の大切な行事である「山王祭」に積極的に参加し、伝統文化の継承に努めています。「山王祭」は天下祭と謳われ、大阪天神祭や京都祇園祭とともに、日本三大祭りに数えられています。神輿12基が八重洲・日本橋・京橋地域等を練り歩く下町連合渡御には、多くのグループ従業員が参加し、神輿担ぎをはじめ地元町内会の方々と一緒にお祭りを盛り上げています。

山王祭の様子

「中野セントラルパーク」でのにぎわい創出

中野セントラルパークでは、隣接大学や行政と共に一体的に整備した約3haもの緑豊かなオープンスペース(公共空地等)が、シームレスにつながる中野四季の森公園ととともに、オフィスワーカー、学生、地元住民や産業の交流の場として、活用しています。

街や学生が持つ既存の文化や新たな活力等を取り込み、年間を通じてフリーマーケットやワークショップ等の各種イベントが開催されています。こうしたイベント等を通じて、積極的にコミュニティづくりを行うことで、多様な人々が集い、にぎわいあふれる空間が創出されるとともに、人、大学、街および企業等が有機的に交じり合うことで、知識の創造や継続的なエリアの活性化につながっています。

2017年も多数のイベントが開催され、総計約23万人が中野セントラルパークを訪れました。

このオープンスペースを効果的に利用してにぎわいをもたらす取組みが評価され、「グッドデザイン賞地域づくり、コミュニティづくり部門」を2014年に受賞しました。

東京建物グループ音楽部が中野夏祭りのステージで演奏しました

マンションの情報を発信する管理組合との共同運営サイト

東京建物グループでは、管理組合と共同運営のWebサイトを制作し、マンションの概要や歴史、将来に向けての取組み、
住民組織、共用施設、イベント等を紹介しています。住民の声を届けるブログも開設しています。

「Brillia Mare 有明」「Brillia 有明 Sky Tower」「Brillia 有明City Tower」「東建座間ハイツ」のWebサイトをすでに公開しており、今後も拡大予定です。

マンションの情報を内外に発信することは、資産価値の向上やコミュニティの活性化、環境維持につながることが期待されます。

管理組合へのイベント提案を通じたコミュニティづくり

良好なコミュニティはマンションの維持管理に良い影響を及ぼし、資産価値の向上にもつながります。東京建物グループは、マンションの管理組合に対してコミュニティ醸成のためのイベント開催を提案し、運営のお手伝いをしています。
入居前の交流イベントから、入居後の季節に応じたコミュニティイベント(クリスマス、七夕など)、消防訓練、植栽づくり、クラブ活動の運営補助など、コミュニティ醸成につながる活動を管理組合と協力して行っています。

「Brillia 文京江戸川橋」での防災訓練の様子